立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会 (ruwv ob)

ヤ ン レ 〜

image 立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会



立命館大学ワンダーフォーゲル会  創立日 1956年4月27日    山小屋落成式 1962年12月9日

最新情報
2017年9月11日更新
 ホームぺージのトップページを更新して、「秋のワークキャンプへのお誘いと現状」を掲載しました。

2017年9月7日更新
 右サイドのS37卒森村 征男さんのコーナーに「秋風に誘われて 山小屋へ」を公開しました。
 OB会員専用ページのOB通信コーナーに18号を追加しました。
 また、山小屋利用実積を更新しました。

2017年8月26日更新
 右サイドのS57卒吉村 岩男さんのコーナーに「2017夏合宿の山行報告」を公開しました。

2017年8月23日更新
 ホームページ・トップページの鈴木さんの「夏合宿の想い出」を改編しました。

2017年8月22日更新
 右サイドのS39卒鈴木 正博さんのコーナーに「イタリア;ドロミテ地方のトレッキング他」を公開しました。

2017年8月20日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。

2017年8月17日更新
 右サイドのS37卒森村 征男さんのコーナーに「暑さ逃れて 山小屋暮らし」を公開しました。
 右上の『「ヤンレー」のかけ声について』に「正調 ヤンレー節」を掲載しました。

2017年8月16日更新
 右サイドのS35卒鎌田 克則さんのコーナーに「お盆、山小屋で快適な生活を送ってきました」を公開しました。
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年8月6日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。
 右サイドにS55卒中山 拓美さんのコーナーを追加して、「尾瀬に魅せられて」を追加しました。

2017年7月13日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ 完結篇」を追加しました。
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年6月25日更新
 山小屋利用予約を更新しました。

2017年6月10日更新
 現役のページ・コーナーに「60周年祝賀会の感想」を追加しました。

2017年6月7日更新
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ」を追加しました。
 山小屋利用実績を更新しました。






秋のワークキャンプへのお誘いと現状


山小屋委員長 S37卒 森村 征男



秋の山小屋ワークキャンプを開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしています。

日 時    11月 11日(土)、12日(日)
集合時間   AM 10時
場 所    京福電鉄 貴船口駅前
参加費    3,000円(4食分と飲み放題)
        (11日昼食・夕食・12日朝食・昼食)

ワーク内容
 〇 山小屋の西側(山側)に、小屋内の湿度や水の侵入を防ぐ対策
 〇 山道整備
 〇 現役諸君とワークを通じて交流を深める

【参加申込み先】
  事務局メール RUWV.OB@gmail.com


 60周年記念祝賀会で、かなり現役とも交流を深めることも出来ましたが、これを一段と強めるために今回の秋のワークキャンプにぜひとも多数の現役諸君の参加を願いたい。
 「ワークキャンプを通じて、また山小屋での夜の座談会で相互の理解を深め、RUWVの発展につなげたい」と考えます。それに伴い、今現役ともつながりのあるOB諸君も近々に会うとの事、充分に話し合いをして参加を促してもらいたい。もちろん、OB各氏の多数参加を望みます。

   OB会が発足しての翌年の春、5月に第一回のワークキャンプが行われ、春秋と恒例化してきたおかげで山小屋はきれいに改装されましたことは、周知のことですが、ここで改めてOB会員の協力には感謝いたします。今では、北山では最高の山小屋であることは間違いありません。

 しかしながら、この近年、御存知のごとく見渡す限り笹に覆われた山、谷は笹枯れしてしまい見るも無残な山肌となり、これが元で谷川は荒れるに任せています。原因は、鹿害とも地球温暖化ともいわれますが、またあの美しい笹に覆われた山小屋であって欲しいものです。
 また、人間による自然破壊も進み、三の谷、二の谷への一の谷林道工事は、全く意味もないただただ税金の無駄使いに過ぎないことです。加えて最近では、我々の聖域である二ノ谷へも欲望を満たすための身勝手な者らがモトバイクで進入する事態となり、これらには抵抗阻止を考える必要もあるのではないでしょか。

 昨年春に皆子山から西、北西の頭巾山、由良川源流を含む北山が、「京都丹波高原国定公園」と認定されました。当然我が山小屋も含まれます。いかなるデメリットがあるかもしれませんが、留意する必要があります。

 このところ、山小屋については整備も一段落し、OB会員により笹の移植や60周年記念樹の山桜など植樹を行い、鹿除けネットを張り若木を植樹をしています。鹿害もあり、冬ともなれば信州並みの積雪に耐えるべく対策も要りますが、この自然木に囲まれた二の谷を守って行きたく考えます。先日もアマゴ釣り師が、この谷だけにアマゴが生息していると云い、また7月の梅雨時にはホタルが乱舞する谷には、ますます愛着を覚えます。
 こんな二ノ谷過ごすために、ぜひワークキャンプに参加をしてください。

image
image


 

☆「RUWVの歴史を残そう」への資料提供をお願いします。
☆また、活動報告や作品の提供をお願いします。

                   RUWV OB会 事務局