立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会 (ruwv ob)

ヤ ン レ 〜

image 立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会



立命館大学ワンダーフォーゲル会  創立日 1956年4月27日    山小屋落成式 1962年12月9日

最新情報
・OB会員専用ページに総会・役員会資料を公開するサイトを新設しました。
2019年2月19日更新
 OB会員名簿を更新しました。

2019年2月15日更新
 OB会員名簿を更新しました。
 山小屋利用実績を更新しました。

2019年2月1日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。

2019年1月28日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2019年1月19日更新
 右サイトのEnjoyWalkingコーナーに番外編「2019 エンジョイスキー 志賀高原」を公開しました。

2019年1月16日更新
 OB会員名簿を更新しました。

2019年1月12日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2019年1月7日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2019年1月1日更新
 ホームページ・トップページを新年用に更新しました。

2018年12月24日更新
 右サイトのEnjoyWalkingコーナーに番外編「2018 蔵王初滑り報告」を公開しました。

2018年12月19日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2018年12月17日更新
 山小屋委員会便りを更新しました。

2018年12月16日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2018年12月15日更新
 OB通信20号を発行しました。OB会員専用ページのOB通信コーナーを見てください。

2018年12月6日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2018年12月2日更新
 OB会員名簿を更新しました。

2018年11月22日更新
 HPの右サイトの山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2018秋のワークキャンプ」を公開しました。

2018年11月21日更新
 山小屋利用実績、予定を更新しました。

2018年11月10日更新
 山小屋委員会便りを更新しました。
 OB会員名簿を更新しました。

2018年10月29日更新
 OB会総会、懇親会のスナップ写真を事務局便りで公開しました。

2018年10月28日更新
 HPのトップページを更新しました。
 OB会員名簿を更新しました。

2018年10月27日更新
 OB会員名簿を更新しました。

2018年10月25日更新
 OB会員名簿を更新しました。
 鎌田さんから「四国巡礼」と「白馬、戸隠、白樺湖は秋たけなわ」の原稿が届きましたので、右サイトの鎌田さんコーナーで公開しました。

2018年10月24日更新
 OB会員名簿を更新しました。
 
2018年10月22日更新
 HPのトップページを更新しました。
 山小屋利用実績を更新しました。
 
2018年10月21日更新
 山小屋委員会便りを更新しました。

2018年10月13日更新
 第三期RUWV OB会費納入者一覧表を更新しました。
 右サイトの岩切さんのコーナーに「初めての黒部立山アルペンルート」を公開しました。

2018年10月8日更新
 右サイトに昭和57年卒 曽我部信也さんのコーナーを追加して「後立山(唐松・五竜)山行記」を公開しました。

2018年10月7日更新
 第三期RUWV OB会費納入者一覧表を更新しました。

2018年10月6日更新
 第三期RUWV OB会費納入者一覧表を更新しました。

2018年9月20日更新
 右サイトのEnjoyWalkingコーナーに番外編「ドンブラコ ドンブラコ  第4弾 四万十川を下る」を公開しました。

2018年9月17日更新
 右サイトの鈴木さんコーナーに「校友会100周年記念原稿」を公開しました。

2018年9月13日更新
 右サイトの鎌田さんコーナーに「校友会100周年記念原稿」を公開しました。

2018年9月12日更新
 ホームページのトップページを更新しました。








思い出の山行、愛する登山道具特集 第一弾

長年愛用している山道具


  H03卒 新井 泰博



 私が長年愛用している山道具は、ミレーの70Lアタックザックです。
大学1回生の夏合宿前に購入したので、かれこれ30年以上使っていることになります。
このザックの前は会のキスリングだったので、背中と肩への負担の違いに驚いたのを覚えています。
学生時代、南北アルプス、八ヶ岳、白山などほとんどの山で一緒だった相棒は、その後就職し東京勤務時も、このザック一つで引越ししました。
40代になるとさすがにテント持参での山行が減ってしまい山に一緒に行くことはなくなりましたが、今では隔年で行っている北海道スキー時のブーツとウエアーの宅急便用キャリアとして、まだまだ活躍してくれています。

image
image


 追伸:もう一つ学生時代から使っているのが、ヘッドランプやラジオなどを入れる小物入れです。これは山行だけでなくキャンプやBBQでも大活躍です。

image





 

思い出の山行、愛する登山道具特集 第一弾

定年後の山小屋での旧人合宿


 S37卒 森村 征男

   
 RUWV創設時のOBと2年下の我々が卒業後40年近くになり、再び再会することとなりましたのは、早20年近く前のことでした。
メンバーは、S35年卒永辻啓介氏、大野照夫氏 吉川勝氏に寺澤武雄氏と一年下の安田英樹氏で、あとは伊澤俊彦、打越啓祐、片桐脩に私ぐらいが常連であった。

 呼びかけ人は、確か永辻、大野氏で、「連休の春の山小屋で泊りがけ」と云うのが発端だったと思う。
当時は、小屋の周辺、雲取山すべてクマザサに覆われていたし、新芽のクマザサを剥きサラダにしても食べ、二ノ谷も今ほどに荒れてなく、山道もしっかりと変わらずに清流が流れていた。
image


 会えば時の経過は忘れ、学生時代と変わらない気持ちでの集まりであった。
確か永辻氏と打越はすでに京都でシニアの観光ガイドを始めて致し、大野氏は立命の別府にある立命館アジア太平洋大学の建設に再雇用で出かけていた。私も知人に呼ばれてバイトをしていた。それなりにフリータイムを持つ身であった。

 ある時は、18年9月の台風被害ほどでないが、一の谷の杉が雪害で倒木して、チエンソーもなく手ノコギリで切りながら進み、苦労してたこともあった。
今もその残骸の木を見れると、まだ若さもあったのだ思う。

 当然夜は酒宴となり、わいわいがやがやとなりますが、永辻氏が話の中心となりました。
また、お酒の飲めない寺澤氏が業界のドンだけに御中元、お歳暮の極上のドイツワインをたくさん持ち込み、それを皆がマグカップで飲み、後で奥さんに「まさかあのワインをマグカップなどで飲んでいたのか」と言われ、「そうや」と答えた話を後で聞いたなど、いろいろと話のタネは尽きない。
いまだに打越は、「あの時のドイツワインはうまっかった」と云っている。
その後には、神戸のおばちゃん達とも合ワンともなりました。

第一回 2000年5月、第二回 2001年8月 (敬称略)
森村 大野 永辻
伊澤 吉川 片桐
image
吉川 大野 伊澤
永辻 片桐
image
打越 森村 吉川
永辻 大野
image


 現役の頃、先輩は京都弁と河内弁が入り乱れていた。そして、「お前らは、一山なんぼや」と怒鳴り声をあげていた先輩も、「今はお前らと一緒にいるのが楽しい」と云った。
 それは、世間のしがらみもなく、山小屋での暮らしと先輩後輩との分け隔たりもない、この世界「RUWV」が一番心地よいことであったのだ。
 それにしても、この35年卒の先輩たちのあだ名「ニックネーム」には驚く。誰とは言わずとも、シャモ氏、カマチン、トリッアン、ヤンレー、クマオ、ブーマン ヨッチャン、タンクロー、ペコ 、ツブシ、タキヤン、ワカ、きっとあだ名付けのうまい人がいたのに違いない。
第一、我々新入生時の比叡山でのワンデリングで同期の低音の「三嶋 邦男」が、当時の流行歌手のフランク永井と違い「お前はトランク」と命名されたことを思いだします。

 その後はメンバーの都合やらで数年続いたこの「旧人合宿」は、立ち消えとなりました。
最後は、確か私のコーナーにある「超OBの山小屋での再会」には鎌田氏、本所氏の顔も見られるのが懐かしい思い出である。

直近の旧人合宿 2014年5月 (敬称略)
左から片桐 鎌田 永辻 辰巳 吉川
森村 大野 打越 本所
image
左から伊澤 森村 辰巳 永辻 打越
片桐 鎌田
image



  超OBがこれから何人が訪れてくれるでしょうか.
 





☆「RUWVの歴史を残そう」への資料提供をお願いします。
☆また、活動報告や作品の提供をお願いします。

                   RUWV OB会 事務局