立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会 (ruwv ob)

ヤ ン レ 〜

image 立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会



立命館大学ワンダーフォーゲル会  創立日 1956年4月27日    山小屋落成式 1962年12月9日

最新情報
2018年2月18日更新
 ホームページを更新しました。
 右サイトの中山さんのコーナーに「オレンジ色の炎に恋焦がれて」を掲載しました。

2018年2月13日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2018年2月12日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2018年2月1日更新
 ホームページを更新しました。
 山小屋委員会便りも更新しました。

2018年1月17日更新
 「EnjoyWalking」コーナで「番外編 ジジババ集団 志賀高原で滑る」を公開しました。

2018年1月13日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2018年1月7日更新
 「RUWVの歴史を残そう」コーナで「1975.10RUWV「ヤンレー」」を公開しました。

2018年1月4日更新
 「EnjoyWalking」コーナで「第7回 2018新春 雪のポンポン山」を公開しました。

2018年1月1日更新
 ホームページを新年用に更新しました。

2017年12月30日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年12月25日更新
 「EnjoyWalking」コーナで「番外編 2017蔵王初滑り」を公開しました。

2017年12月17日更新
 山小屋委員会便りに写真を追加しました。
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年12月13日更新
 山小屋委員会便りを更新しました。

2017年12月12日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年12月10日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年12月6日更新
 山小屋利用実績及び予定を更新しました。

2017年11月21日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年11月19日更新
 「RUWVの歴史を残そう」ページに「夏合宿の思い出」を登録しました。
 また、一部記事が見れなくなっていた点を修復しました。

2017年11月18日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年11月15日更新
 右サイドの「山小屋ワークキャンプ」コーナーに「2017秋の山小屋ワークキャンプ」を掲載しました。

2017年11月14日更新
 右サイドの「秋のPWの思い出」コーナーにS55卒 河合 孝明さんの「秋の山が一番」を掲載しましした。
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年11月7日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年10月30日更新
 右サイドの「EnjoyWalking」コーナに掲載した「初冠雪の木曾駒ヶ岳登山」に森村さんの原稿を追記加筆しました。

2017年10月29日更新
 右サイドの岩切コーナに掲載した「初冠雪の木曾駒ヶ岳登山」を「EnjoyWalking」コーナに移動しました。

2017年10月28日更新
 右サイドの「秋のPWの思い出」コーナーにS57年卒 吉村 岩男さんの「秋のPW回想 北八ヶ岳縦走PW」を掲載しましした。
 また、岩切コーナに「初冠雪の木曾駒ヶ岳登山」を掲載しました。

2017年10月17日更新
 右サイドに「秋のPWの思い出」コーナーを設けて、S55年法卒 中田卓志さんの「秋?の南会津」を掲載しましした。
2017年10月4日更新
 山小屋利用実予定を更新しました。

2017年10月3日更新
 右サイドのS37卒森村 征男さんのコーナーに「悪だくみする 懲りない面々 熊野路を行く」を公開しました。

2017年9月29日更新
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年9月11日更新
 ホームぺージのトップページを更新して、「秋のワークキャンプへのお誘いと現状」を掲載しました。

2017年9月7日更新
 右サイドのS37卒森村 征男さんのコーナーに「秋風に誘われて 山小屋へ」を公開しました。
 OB会員専用ページのOB通信コーナーに18号を追加しました。
 また、山小屋利用実積を更新しました。

2017年8月26日更新
 右サイドのS57卒吉村 岩男さんのコーナーに「2017夏合宿の山行報告」を公開しました。

2017年8月23日更新
 ホームページ・トップページの鈴木さんの「夏合宿の想い出」を改編しました。

2017年8月22日更新
 右サイドのS39卒鈴木 正博さんのコーナーに「イタリア;ドロミテ地方のトレッキング他」を公開しました。

2017年8月20日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。

2017年8月17日更新
 右サイドのS37卒森村 征男さんのコーナーに「暑さ逃れて 山小屋暮らし」を公開しました。
 右上の『「ヤンレー」のかけ声について』に「正調 ヤンレー節」を掲載しました。

2017年8月16日更新
 右サイドのS35卒鎌田 克則さんのコーナーに「お盆、山小屋で快適な生活を送ってきました」を公開しました。
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年8月6日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。
 右サイドにS55卒中山 拓美さんのコーナーを追加して、「尾瀬に魅せられて」を追加しました。

2017年7月13日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ 完結篇」を追加しました。
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年6月25日更新
 山小屋利用予約を更新しました。

2017年6月10日更新
 現役のページ・コーナーに「60周年祝賀会の感想」を追加しました。

2017年6月7日更新
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ」を追加しました。
 山小屋利用実績を更新しました。






冬のPW、回生合宿、旧人合宿の想い出 特集 第二弾

旧人合宿の想い出


S39年卒 鈴木 正博




 私のRUWV現役時代の旧人合宿と言えば、1回生の終わり、1961年昭和36年3月の吉野口から大峰山系を縦走して前鬼へ出たのが初めての経験です。
雪とアイスバーンに覆われた大峰山から弥山まで12時間を要した。弥山の登りはヒバ等の倒木の上に積もった雪の上を、四つん這いになって登った。深仙小屋で合宿が終わり、1回生10人ほどが残りの食糧をもらって1泊余分に沈殿、食っちゃ寝、駄弁る繰り返し、そんな時「こんな小屋が有ったらいいな。」と話をした。(更に、1961年5月の新人合宿で比良山望武小屋でも合宿後食料が余ったので、2回生10人ほどがもらい、食っちゃ寝をして、「こんな山小屋が欲しい。」と言う話をした。)

 この願望が永辻先輩達の「山小屋が欲しい。」とかみ合って、数回の総会(この頃は毎月総会が有った。)で大野さんを委員長とする第一次山小屋委員会が発足、続いて青写真が先行して木村君を委員長とする第二次山小屋委員会が誕生、1962年2月~3月には私達の2回生がリーダー会を運営することになり、私が第三次山小屋委員長になった。

物部宅から現場に向かう花背スキー場の5人
image

 この時点とは、正に山小屋建設地も決まり、青写真も確定、具体的に工事を進行する段階になったので、3月14日湯浅、木村、奥村、秦、高木、鈴木の6人で物部宅を訪問、挨拶して現地に入り、残雪残る傾斜面に4、5人が立って、ベランダを広く取りたいから傾斜面の奥(上部)に建設位置決めを行った。
更に、例年行う旧人合宿を振り替えて、山小屋建設作業とすることになった。

次の4枚の写真は、雪上で小屋建設予定地をどこにするのか4隅に人を配置して、意見交換、最終的にはベランダのスペースを広く取りたいから、雑木の奥まで掘削することになった。

木の上から北西方向の奥に人を配置
image
南西側から
上部から北東、二の谷上流方向を見る
image

木の上から北西方向の手前に人を配置
image
二の谷通路から西上部方向
image

1962年3月25日~4月15日の間、第1班は木村君ほか31名、二の谷に入ってすぐの炭焼き小屋跡地をテントサイトに決めて、小屋予定地の上手と芹生までの下手に分かれて、ボッカコースの道造り、当時は、まだあちこちに木馬道が有った。

テントサイト北側の丸太2本
橋用材としてワイヤーで運び出し
image
雪が降る中、橋の設営作業
image

隈笹を刈り、斜面をスコップで掘る
image

27日には、建設予定地では出来るだけベランダを広く取りたいから、隈笹に覆われた傾斜面を削り取って、この土石を下方の斜面の盛土とした。しかし、小屋本体は強度確保のため削り取った跡地を敷地とした。この敷地は下にバラスを敷き、その上に捨てコンを打ち、その後に基礎コン枠を設営した頑丈そのものである。このため、斜面の岩盤割りと深堀に苦労させられた。


29日の夕方第2班増田君以下16名がやってきてバトンタッチ、初日の25日には米田さんに大阪の自宅工場で曲げ加工をした鉄骨をオート三輪で持ち込んでもらい、29日には芹生の前田専太郎さんのトラックを借りて50kg入りのセメント30袋とバラス、砂それぞれ5合づつを京都市内で購入して、芹生の資材置き場に搬入した。
オート三輪で鉄骨等資材を大阪から運搬
image

三班の作業の時岩盤が現れた
image

 予定地では斜面のドカチンと削り取った土石でベランダ造りを繰り返していたが、切り倒す予定の20年生程の雑木2本をベランダの東端に移植した。
第3班は奥村君以下20名、第4班は秦君以下27名と続き、4月9日まで旧人合宿を継続したが、作業がまだまだ残っていることから、10日~15日までの間、有志10人が残って、基礎コン打ち用の深堀とボッカ作業を継続してくれた。

私達は、一旦帰って最終日の15日、第一回目の借地料@1,500円/年の支払い、工事打ち切り撤収作業のため現地に向かった。ただ、24時間私鉄ストライキ中の当日は、湯浅、高木、鈴木の3人で、上賀茂からヒッチと徒歩で物部さん宅を訪問した。その後寺山峠から山小屋建設予定地で撤収作業を行い、資材を芹生の前田さんに預けて帰宅した。

この後ゴールデンウイークの新人合宿も、花背スキー場をテントサイトにした、山小屋作業につながる長い建設作業へと続いて行った。





☆「RUWVの歴史を残そう」への資料提供をお願いします。
☆また、活動報告や作品の提供をお願いします。

                   RUWV OB会 事務局