立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会 (ruwv ob)

ヤ ン レ 〜

image 立命館大学ワンダーフォーゲル会 OB会



立命館大学ワンダーフォーゲル会  創立日 1956年4月27日    山小屋落成式 1962年12月9日

最新情報
2017年7月13日更新
 ホームページ・トップページを更新しました。
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ 完結篇」を追加しました。
 山小屋利用実積を更新しました。

2017年6月25日更新
 山小屋利用予約を更新しました。

2017年6月10日更新
 現役のページ・コーナーに「60周年祝賀会の感想」を追加しました。

2017年6月7日更新
 山小屋ワークキャンプ・コーナーに「2017年春のミニワークキャンプ」を追加しました。
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年5月29日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント スナップ写真」に動画を追加しました。
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年5月28日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年5月24日更新
 OB会ホームページを更新しました。
 OB会員専用ページに「60周年記念イベント・スナップ写真」を追加しました。
 OB会員名簿を更新しました。
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年5月21日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年5月19日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年5月16日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年5月11日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年5月10日更新
 森村さんコーナーに「五月 さわやかな春の山小屋」を公開しました。

2017年5月8日更新
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年5月3日更新
 山小屋利用予定を更新しました。

2017年4月28日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。
 山小屋利用実績を更新しました。
 「ワークキャンプ」コーナに「「2017春ワークキャンプ」を公開しました。

2017年4月17日更新
 「EnjoyWalking」コーナに「第6回「満開の海津大崎の桜と古戦場賤ケ岳」」を公開しました。

2017年4月9日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年4月7日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年4月5日更新
 「ワークキャンプ」コーナに「「2017春プレワークキャンプ」を公開しました。
 山小屋利用実績を更新しました。

2017年4月2日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。

2017年3月29日更新
 OB会員専用ページの「60周年記念イベント参加者名簿」を更新しました。





シリーズ企画 「夏合宿の思い出」について


2017年盛夏 RUWV OB会 事務局



 7月から9月まで、「夏合宿の思い出」という企画をホームページのトップページで連載いたします。OB諸氏にとっては懐かしく、若き日の葛藤とともに当時のRUWVの活気に思いを馳せ、また京都の世相や日本という国の来し方を振り返るものとなり、一方で現役会員にとってはRUWVの伝統と息づかいを理解するものになることを期待しております。
 まず第一弾として2つの投稿を掲載します。感想などを掲示板に投稿していただけると幸いです。また会員諸氏の「夏合宿の思い出」の投稿もお待ちしております。奮って事務局にお送りください。尚、10月から「秋のPWの思い出」を連載する予定です。




シリーズ企画 夏合宿の思い出 1

「堂満岳予備合宿は石を詰めた大キスと共に」


S55 六田 明弘 (理工)



 コンチキチン、コンチキチン。蒸し暑いこの時期、京都の町中のあちこちから聞こえる音色。祇園囃子を聞くたび、私は暑いあの山のことを思い浮かべる。4年間もこの町で学生時代を過ごしたのに、一度も祇園祭の宵宮も山鉾巡行をも見たことが無い。この時期は夏合宿に向けた比良での予備合宿に出ていたのだ。

 「北の稜線散歩なんて、そんな軟弱なこと出来るかよ。俺はゴツい山が好きなんだよ。」 今から思えばずいぶん青臭く粋がっていたものである。そんな同じようなメンバーが集う南アルプス行のパーティが、予備合宿で選ぶのは堂満岳と決まっている。比較的なだらかな稜線が続く比良山系の中にあってもその三角の山容は特異で、1057メートルの頂上から琵琶湖付近まで東稜が張り出し落ちる。標高差800メートルの登り降りが南アルプスでの一日の行程に近く、訓練にはぴったりというわけだ。
 湖西線を比良駅で降り、金糞峠を目指すたくさんの登山者とはイン谷口の手前でルートを別けるのだが、ここで道端の石を拾ってキスリングに詰めるのが予備合宿の恒例だった。あらかじめ空けておいた両サイドポケットいっぱいに20センチ大の石を詰め込む。その石の大きさを自慢し合うのもまた粋がった連中のやること。そのあとやってくる苦痛の時には思いもいかない。足を進める。谷筋から尾根道に上がる頃、後悔の念が一気に襲いかかる。暑い。強い草いきれ。汗が滴り落ちる。キスリングのベルトが肩肘張ってきた自身の肩をいじめる。喉が渇いた。40キロ超の石の重力が腰や腿に来る。高度を上げることを拒み、自信を落とさせる。冗談じゃない。頂上まで3時間。賑やかな祭りの日。なんで俺は石を頂上まで担ぎ上げているのか。眼下の琵琶湖は涼しげじゃないか。


image 左:筆者、右:S54 日沖さん
比良の予備合宿の下山地点 坊村
大キスに入りきらない荷物が懐かしい。
※「大キス」は「大型キスリング」の通称。帆布製で卒業すると下級生に代々受け継がれた。

 


image 筆者 @悪沢岳ピーク

 


 山を楽しむというよりも、無理をしてでも何かを達成する喜びを味わいたかった時期。あれからもう40年が経った。京都の町でコンチキチンの音を聞きながら、楽をすることを選びたがるようになった自分を少しだけ責める。
 もうたぶん登ることはないだろう堂満岳の画像をインターネットで探すと、頂上の写真には山名の書かれた標識をいくつもの大きな石で支えているのが写っていた。その石はあの時のもののはずはないが。 (了)




シリーズ企画 夏合宿の思い出 2

「沈殿の薬師峠。剱は遥か。」

S57 曽我部 信也  (法)



 昭和54年、私が2回生時(20歳!)に参加した夏合宿は、薬師~立山~剱の縦走コースです。PLは片柳さん、3回生石井さん、2回生高津(故人)、赤松、1回生金原、吉井というメンバーでした。

 折立キャンプ場には夕方に着いて一泊し、翌日は薬師峠のサイト場へ移動。順調だったのはここまでで、その後雨に祟られて薬師峠に2日間沈殿した苦い記憶が蘇ります。他のグループが雨の中次々と出発して行くのを眺めながら、パーティー内がちょっとギスギスした雰囲気になったのを覚えています。
 その後は晴天続きで、五色ヶ原や雄山から眺めた緑と残雪の鮮やかなコントラスト、遥かに望む槍穂のシャープな稜線(前年の夏合宿で槍ヶ岳に登頂)に感動しました。残念ながら予備日を使い切ったため、剱沢から目前に仰ぐ剱岳の登頂は断念!

 卒業前に同期の川原、吉村と早月尾根からの剱岳登頂を企てましたが、就職試験と重なって再度私だけ断念!!夏合宿や個人山行で登頂できなかったことで、剱岳への思いが募っていましたが、一昨年の夏、縁あって36年越しに剱岳登頂を果たしました。

 そういえば、集結地のスタンツで「ザ・ぼんち」がブームになる前の「川崎さんと山本さん」を高津と共演し、地味キャラの私の方が助演男優賞(りんご1個)をいただいたのを思い出しました。当時、私の名付けた「北アルプスの猛牛」こと高津和敬君が、古い写真の中で笑っています。   (了)

image 昭和54年夏合宿
  薬師岳~立山~剱岳縦走パーティー

トップ:片柳PL
中段左から吉井・金原
下段同 高津、赤松、曽我部 (撮影3回生石井)

 


image 当時の2回生集合写真
  @夏合宿終結地(戸隠)

前列左から:宮越、野崎、吉村、菅原、荻野、川原 中列同 溝口、高津、赤松、大槻
後列左から:佐藤、山田、立野、曽我部、川崎、中原、西村

 




☆「RUWVの歴史を残そう」への資料提供をお願いします。
☆また、活動報告や作品の提供をお願いします。

                   RUWV OB会 事務局